京都の脱毛コラム

清水寺の除夜の鐘つきは予約制☆脱毛サロンの予約より困難!!?


まだ独身だった頃、友人たちと大晦日の夜に京都の清水寺でカウントダウンをするのが恒例でした。


12月31日の夕方に地元を出発して、平安神宮の駐車場が夜中も開いているので、そこに止めてトコトコ清水寺まで歩いて移動して、再度開門する22時ころに着くように行っていました。

そうじゃないと、年明ける瞬間に本堂近くにたどり着くことが出来ないんです。


ただでさえ冬の夜は寒いっていうのに、雪が降った年もありました。
着込んで、カイロはって完全防備でしたね。今思うと、そこまでしてでも行くんだな。って我ながら関心しちゃいます(笑)


最初は8人位でいっていたんですが、転職・転勤・結婚・出産などいろんな理由で1人抜け、2人抜けという感じでみんなで行くことはなくなってしまったんですが、まだ続けている子がいるんです。


結婚して子供も産まれたんですが、旦那さんと子供も一緒に清水寺でカウントダウン☆
やっぱりココじゃないと、年が明けた気がしない。ということで、家族を巻き込んで(笑)続けています。


当時は知らなかったんですが、清水寺の除夜の鐘って一般のひとでもつくことができるんですって!!
もちろん、その場でいきなりつかせてもらえるわけじゃなくて、12月25日の9時から社務所で整理券を配布する事前予約が必要です。


1人1枚限りですが、整理券をGETできれば、世界遺産に登録されている清水寺の除夜の鐘をつくことができちゃうんです!!
2人1組で1回鐘をつくことができます。


知っていたら、1度ついてみたかったですね。


京都の他のお寺でも除夜の鐘をつくことができるところがあります。

嵯峨野の常寂光院、京都駅の南に位置する東福寺は事前予約無し。当日先着順で鐘つきができます。


予約といえば、エステや脱毛サロンって予約が取りにくいなんて聞くけど、実際はどうなんだろう??


実際には予約はちゃんととれるようです。
どのサロンも似たようなシステムだと思いますが、来店したら施術の間隔も考慮して次回の予約日を決めます。
なので、予約が取れない。ということはありません。


ですが、予約日の直前にキャンセルしてしまうと、次の予約がとりにくくなるのは事実。

人気のサロンは3ヶ月先くらいまで予約が埋まってしまっていて、なかなか自分の都合がいい時間や日にちにとることが出来ない。という話が広まっただけのようですね。


なので、脱毛サロンを契約するときに注意して見ておきたいのが、系列店への店舗移動が自由にできるかどうかも重要なポイントかも知れません。


仕事などが忙しいと、空いてる時間がある店舗へ自分が行けばいいんですから、そのほうが予約を取りやすいのかもしれません。


ちょっと話しが脱線ぎみでしたが、除夜の鐘の整理券は年に1回。
108人(組)なので、脱毛サロンの予約よりは競争率が高いです(笑)  当たり前ですが・・・


京都のオススメ脱毛サロン

 

京都の脱毛コラム

 

脱毛情報