京都の脱毛コラム

美容と健康にいい京料理 女性に嬉しい成分がいっぱい!!


京料理。
京都を訪れたら、1度は食べてみたいものです。


日本料理の原点とも言われる「京懐石」や、日常食べられるおかず「おばんざい」、湯豆腐や湯葉料理に京漬物など、京料理といってもいろんな物があります。


最近は、デパートなどのお惣菜コーナーでもおばんざいが販売されていて、ヘルシーで美味しいと健康志向の人中心に人気が高いです。


京懐石はちょっと敷居が高くて、なかなかいけないかもしれませんが、京野菜や乾物・大豆食品を中心につかってあるおばんざいはオススメです。


京料理は、素材の味を活かした薄味が特長。
味だけでなく、見た目や雰囲気なども楽しむものとされています。


また、湯豆腐や湯葉料理も有名です。
嵐山に行ったとき、多くの湯豆腐店があるのをみました。人力車のお兄さんにも、お昼に湯豆腐どうですか?って勧められましたね!

それくらい、京都では湯豆腐は有名なんです。


昔、京都魚介類が手に入りにくく、大豆が貴重なタンパク源でした。
また、水質のいい井戸水や清水が豊富だったこともあり豆腐が親しまれてきたことが、今日の京料理に反映しているのだと思います。


お豆腐の原料は大豆。
大豆は植物性たんぱく質なので、栄養価が高く低カロリー。畑のお肉とも言われています。

大豆イソフラボンが豊富なので、女性の体調を整える作用ももっているんです。


イソフラボンは女性ホルモンに似ていて、積極的に摂取することで・美肌・抑毛効果が得られると言われます。


実際に、抑毛ローションには大豆イソフラボンが原料に使われていることが多く、抑毛効果が高いことが知られています。
ワタシも使った事があります(笑)


肌に直接つけるだけでなく、大豆製品を摂取することで、女性ホルモンを増やし、カラダの内側から抑毛することも出来ます。


また、大豆イソフラボンは抑毛効果だけでなく、美肌やバストアップにも効果があるので女性には、とっても嬉しい成分だといえますね。


京都のオススメ脱毛サロン

 

京都の脱毛コラム

 

脱毛情報