京都の脱毛コラム

エンゲル係数が1番高い都道府県は京都!? 脱毛通う余裕あるの?


総務省が家計調査から算出した都道府県別のエンゲル係数ランキング。


なんと1位は京都!!

47都道府県のエンゲル係数の平均値は25.60%。京都府は28.75%と平均よりも約3%高いのです・・・


エンゲル係数とは家計の消費支出に占める飲食費の割合のこと。
食費は体力維持の関係から極端な節約が困難とされ、これをエンゲルの法則と言います。
エンゲル係数が高い=生活水準が低いとされています。


エンゲル係数の計算方法は、
食費(食費・外食・お酒・お菓子などの嗜好品も含む)÷消費支出(家賃や光熱費・医療費や税金など食に関すること以外の支出)×100=エンゲル係数です。


支出全体に対して、食費にどれだけ使っているかどうかが分かるのです。


外食やお惣菜、コンビニなどで食事を済ませることが多い家庭はエンゲル係数が高いです。

また、有機無農薬など食材にこだわりをもつ場合もエンゲル係数が上がることになります。


でも、京都の人が生活水準が低いようには見えないです。
生活水準が低いなら他の支出も少ないはず。生きていくために最低限必要なこと意外にはお金を使えないでしょう。


そしたら、脱毛やエステは、いわば贅沢品に該当します。
でも、京都には四条河原町界隈には脱毛サロンをはじめ、エステサロン、デパートなどが立ち並んでいます。


お店が存続しているということは、少なくとも儲けがあるということ。なので、京都の人が生活水準が低いということにはなりません。


京都は食にこだわる という印象のほうが強いです。ですからエンゲル係数が高いのでは?と思います。


エンゲル係数は支出の割合だけで算出されているので、収入が多ければエンゲル係数が高くても問題ないです。
それだけ食費に使える余裕があるということです。


ちなみにサラリーマンの年収(月給+賞与)ランキングでは京都は平均年収4871000円と4位にランクインしています。


観光地としても有名な京都は、日本人のみならず、外国人旅行者も多く、観光での収入も多いように感じます。
エンゲル係数が高いからといって、脱毛サロンなどに通う余裕がないわけでななさそうです☆


ちなみに、日本で貧困率ランキング1位なのが沖縄。
貧困が多い理由は父子家庭や母子家庭などの1人親世帯が多いことが要因のようです。
子供を食べさせていくのに必死で、脱毛に通っている場合じゃないですよね・・・


やっぱり、独身のうちに脱毛など出来る限りやりたいことはしておくべき何じゃないかと思ってしまいますね・・・


京都のオススメ脱毛サロン

 

京都の脱毛コラム

 

脱毛情報